バーキンとは?意味とエルメスが誇る高級バッグの魅力を徹底解説

バーキンとは?意味とエルメスが誇る高級バッグの魅力を徹底解説

バーキンとは」「バーキンが何なのかよくわからない…

エルメスのバーキンについて詳しく知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バーキンとは高級ブランド「エルメス」が製造・発売しているバッグです。

当記事では、バーキンの意味や魅力について詳しく解説します。

また、バーキンの定価についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

バーキンとはエルメスが発売する高級バックのこと

バーキンとは、エルメスが発売する高級バックのことです。

希少価値と職人技が織り成す究極のステータスシンボルとして、世界中の女性を魅了し続けています。

また希少価値の高さと人気から、バーキンは資産運用においても人気です。

モデルによっては新品よりも中古品の方が高値で取引されるケースも多く、資産価値として十分な魅力を備えています。

そのような高い人気を誇るバーキンがどのように誕生したのか、以下で詳しく解説します。

バーキンは資産運用にもピッタリ!

バーキンを査定に出すなら

ブランドアドレがおすすめ

バーキンの誕生

バーキンは、1984年にとある飛行機内で誕生しました。

イギリス人女優ジェーン・バーキンが飛行機に乗ったところ、当時のエルメス会長ジャン=ルイ・デュマと隣り合わせになったことがきっかけです。

ジェーン・バーキンは収納力のある長方形のバッグを望んでいたことから、デュマが彼女のためにデザインしたバッグが、現在の「バーキン」の始まりであると言われています。

一番最初にデュマによってデザインされたバッグには、当時子供がいたバーキンのために哺乳瓶のスペースも用意されていたそうです。

バーキンの3つの魅力

バーキンの3つの魅力は、以下の通りです。

  • バーキンは流行に流されず長年にわたり普遍的に愛され続ける一品
  • 生産数が少ないことから希少価値が非常に高い
  • デザイン性と機能性を両立している

バーキンの魅力は、流行に流されることなく長きにわたり愛され続ける点です。

また、生産数が少なく希少価値が非常に高いため、人気に拍車をかけているともいえます。

以下でそれぞれの魅力について解説していきます。

バーキンは流行に流されず長年にわたり普遍的に愛され続ける一品

バーキンは、流行に流されず長年にわたり普遍的に愛され続けています

なぜなら、一人の職人が責任を持って最初から最後まで丁寧に作り上げるため、最高級の品質を誇るからです。

上質な素材、精巧な縫製、細部まで行き届いたディテールは、まさにエルメスの真髄と言えるでしょう。

長年愛用しても美しい状態を保ち、使い込むほどに愛着が湧いてくるのもバーキンの魅力の一つです。

生産数が少ないことから希少価値が非常に高い

バーキンは、生産数が少ないことから希少価値が非常に高くなっています

バーキンは取扱店舗が少ないため、入手は極めて困難です。

また年間生産数も限られており、人気のモデルは数年待ちというケースも珍しくありません。

希少価値の高さが、バーキンの魅力の一つとなっています。

デザイン性と機能性を両立している

バーキンは、デザイン性と機能性を両立している点でも魅力的です。

バーキンはサイズ、素材、カラーなど豊富なバリエーションが用意されています。

定番のブラックやベージュから、鮮やかなカラーやエキゾチックレザーまで、自分だけの特別なバーキンを見つけることが可能です。

また、バーキンは見た目だけでなく機能性も兼ね備えています

バーキンの広い収納力と丈夫な作りは、日常使いにも適しています。

バーキンが高い理由5つ

バーキンが高い理由は、以下の5つです。

  • バーキンは希少素材である雄牛の皮や雄仔牛レザーが使われている
  • 1つ1つが熟練の職人によって手作りされている
  • 生産数が少なく販売される数もすくない
  • エルメスのブランド力が背景に圧倒的な人気がある
  • ステッチ補修やファスナー交換などのアフターケアが手厚い

バーキンは希少な素材を使用していることで、高額な価格となっています。

また、1つ1つが手作りのため、生産コストがかかっているという点も高額な理由の1つです。

なぜバーキンは非常に高額なのか、以下で詳しく解説します。

バーキンは希少素材である雄牛の皮や雄仔牛レザーが使われている

バーキンは希少素材である雄牛の皮や雄仔牛レザーが使われているため、非常に高額となっています。

バーキンで主に使用されている希少素材は、以下の通りです。

  • トリヨンクレマンス
  • トゴ
  • ニロティカス(クロコ)
  • ヴォーエプソン

上記の素材は、雄牛や雄仔牛、ワニから作られています。

雄牛や雄仔牛は非常に希少な素材であり、エルメスは基本的に最高級の希少素材しか取り扱っていません

そのため、バーキンは非常に高額なバッグとなっています。

1つ1つが熟練の職人によって手作りされている

バーキンは1つ1つが熟練の職人によって手作りされているため、高額なバッグとなっています。

素材集めから製造に至るまで、1つのバッグを販売するのに多くの時間がかかっています。

多くの時間を割き、かつ職人の人件費がかかっている点が、バーキンが高額である理由です。

生産数が少なく販売される数もすくない

バーキンは生産数が少なく、販売される数も少ないため高額となっています。

また、直営店舗では優良な顧客が優先して販売案内を受けるため、購入できる人が限られます

優良な顧客とは、エルメスでの購入額が多く、担当販売員と友好な関係を築いている人のことです。

デザインの良さや丁寧な製法から人気が高いバーキンの需要に供給が追いついておらず、高額で販売されているのです。

エルメスのブランド力が背景に圧倒的な人気がある

エルメスのブランド力は非常に人気があるため、バーキンも高額となっています。

エルメスには長い歴史があり、確かな品質と高い評価を得ています。

そのため、「エルメス」というブランド名によって一気にアイテムの質が押し上げられるのです。

流行に左右されないという点から、今後も「エルメス」のブランド力や地位は揺るがないでしょう。

ステッチ補修やファスナー交換などのアフターケアが手厚い

エルメスではステッチ補修やファスナー交換などのアフターケアが手厚いため、バーキンも高額となっています。

日常的にバッグを使っていると、どれだけ丁寧に扱っていても汚れや傷、ファスナ―の故障などは避けられません。

エルメスでは、そのようなバッグの補修などを職人が行うリペアサービスを行っています。

購入後も受けられるエルメスの手厚いサービスが、バーキンの価格を押し上げている要因ともいえます。

バーキンの各種類の定価と特徴

当記事で紹介するバーキンの種類を、以下にまとめました。

  • バーキン25
  • バーキン30
  • バーキン35
  • バーキン40

それぞれの種類について、定価と特徴を以下で紹介します。

バーキンについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

バーキン25の定価は1,738,000円~

バーキン25の素材別定価は、以下の通りです。

種類定価
トリヨンクレマンス
トゴ1,738,000円
スウィフト1,826,000円
オーストリッチ3,377,000円
ニロティカス7,370,000円
ヴォーエプソン1,705,000円

バーキン25は、バーキンの中で最も小さいサイズのバッグです。

トゴやスウィフトの定価は、およそ170万円~180万円台となっています。

一方で、ワニ革であるニロティカスは7,370,000円と定価が跳ね上がっています。

バーキンに使われているニロティカスはナイル川に生息するワニからしか取れない素材のため、非常に希少価値が高いです。

そのため、ニロティカスのバーキンは他の素材より定価が高い傾向にあります。

バーキン30の定価は1,870,000円~

バーキン30の素材別定価は、以下の通りです。

種類定価
トリヨンクレマンス1,903,000円
トゴ1,903,000円
ニロティカス8,558,000円
ヴォーエプソン1,870,000円

バーキン30は比較的収納力があり、ノートパソコンやペットボトルも入るサイズとなっています。

バーキン25より大きいサイズとなるため、定価も比例して上がっています。

バーキン35の定価は1,991,000円~

バーキン35の素材別定価は、以下の通りです。

種類定価
トリヨンクレマンス2,068,000円
トゴ2,068,000円
ヴォーエプソン1,991,000円

バーキン35は、バーキン30を一回り大きくしたサイズとなっています。

ノートパソコンはもちろん、書類や身の回りの必需品などを入れても余裕があります。

そのため、日常使いだけでなくビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。

バーキン40の定価は2,222,000円

バーキン40の素材別定価は、以下の通りです。

種類定価
トリヨンクレマンス2,222,000円
トゴ2,222,000円

バーキン40は流通量が少ないため、国内ではあまり見られないサイズです。

一泊用の旅行バッグとしても使えるほか、男性からの人気も高いため人を選ばないバッグとして人気があります。

バーキンが入手困難な理由

バーキンが入手困難な理由は、以下の2つです。

  • 定価がすべてのモデルで150万円以上と高価なため
  • バーキンは市場に出回ることが珍しい

バーキンはすべてのモデルの定価が150万円を超えています

そのため、高額なバッグであることから入手が難しいです。

また、バーキン自体が市場に出回る数が少ないです。

生産量が少ないため、入手困難であると言われています。

それぞれの理由について、以下で詳しく見ていきましょう。

定価がすべてのモデルで150万円以上と高価なため

バーキンはすべてのモデルの定価が150万円を超えていて高価なため、入手困難だと言われています。

エルメスのピコタンガーデンパーティの定価が30万円~60万円台に対し、バーキンは150万円越えと高額です。

同じエルメスでも、バーキンは非常に高額であることが分かります。

バーキンは市場に出回ることが珍しい

バーキンは市場に出回ることが珍しいため、入手が難しいと言われています。

バーキンは最高級の素材を集めるところから縫製に至るまで、非常に多くの時間を要します。

そのため、バーキンの流通量が極端に少なくなっているのです。

また、バーキンを正規店で購入するにあたり、1人当たりの購入制限が設けられています。

バーキンで欲しいモデルがあっても、簡単に手に入れることができないのです。

まとめ

当記事では、バーキンの誕生から魅力、定価や特徴について解説しました。

バーキンはエルメスの中でも特に人気が高く、希少性が高いため入手が難しいです。

そのため、正規店のみならず中古市場でも非常に人気があります。

バーキンのモデルによっては高額買取を実現しやすいため、資産運用として購入される方も少なくありません。

希少性が高まっているタイミングで、バーキンを売りに出すこともおすすめです。

利用用途に合わせて、自分に合ったバーキン選びをしてみてはいかがでしょうか。

目次